読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本共産党福島県ボランティア情報

日本共産党が福島県内で行っているボランティア活動のお知らせや募集などを紹介していきます。

“賠償打ち切りは乱暴だ”

しんぶん「赤旗」記事 ニュース

ふくしま復興共同センター

 200人が政府・東電と交渉

 f:id:abeyumiko:20160116233319j:plain

 福島県労連や民主団体が参加する、ふくしま復興共同センターは15日、営業損害賠償の打ち切りをやめ、住民合意のない避難指示解除を行わないことなどを政府、東京電力に求める交渉を行いました。交渉には、大型バス4台で早朝に雪の降る福島を出発した200人以上が参加しました。

 政府と東電は、(1)「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の避難指示を2017年3月に解除(2)2区域の住民への精神的賠償を18年3月で廃止(3)避難区域の商工業者への営業損害賠償、区域外の風評被害賠償の打ち切り―を狙っています。

 斎藤富春代表委員は「人災である事故が収束しないなかでの、避難指示解除と賠償打ち切りはきわめて乱暴だ。とうてい許されない。県民の実態を誠実に受け止めてもらいたい」と語りました。

 東電から賠償減額を提示された会津地方の自営業の男性は、「東電から“これで手を打たなければ(賠償は)ゼロだ”と言われた人もいる。これが加害者のやることか」と告発。

 川内村(かわうちむら)から避難し、仮設住宅の自治会長を務める男性は、経済的にも困難な住民の現状を語り、「住民一人ひとりのことをしっかり考え、期限を一方的に区切らないで」と訴えました。

 福島県農民連の代表は、東電が賠償額の基準を一方的に変更したと批判。実態に合わせ、売り上げ減少分の賠償を続けるよう求めました。

 交渉に先立って首相官邸前で抗議行動。「田畑を返せ」と書かれたむしろ旗やプラカードを手に「福島返せ」「原発再稼働反対」とコールしました。

 日本共産党から官邸前抗議に畠山和也衆院議員が、交渉には、高橋千鶴衆院議員、神山えつこ、阿部裕美子の両福島県議が参加しました。

~しんぶん「赤旗」2016年1月16日付け1面より~