読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本共産党福島県ボランティア情報

日本共産党が福島県内で行っているボランティア活動のお知らせや募集などを紹介していきます。

最後の警戒区域再編

福島県双葉町で実施(5月29日付け「しんぶん赤旗」より)

 東京電力福島第1原発事故で、全域が立ち入り禁止の警戒区域とされた福島県双葉町が28日午前0時、放射線量に応じて2区域に再編されました。これで第1原発の半径20k圏内に設定されていた警戒区域はすべてなくなりますが、放射線量が高い地域は帰還困難区域として原則立ち入り禁止が続きます。

 避難指示区域が設定された11市町村のうち、再編が終わっていないのは計画的避難区域が残る川俣町だけになりました。

 第1原発5、6号機がある双葉町は、再編で全住民約6500人の96%が住んでいた地域を帰還困難区域、残りを避難指示解除準備区域としました。県警は警戒区域の境界付近に設けていた検問を撤収。代わりに政府が立ち入り制限や防犯などのためバリケードを設けました。

 双葉町の伊沢史朗町長は27日夜、記者団に対し、「町民の生活再建に繋がる東電への土地や建物の賠償を請求することができる」と区域再編を評価した。

 原発20k圏に掛かる9市町村の避難区域の住民は約7万6000人で、このうち比較的放射線量が低い居住制限区域と解除準備区域は計約5万1000人。両区域とも宿泊はできませんが、住民は日中なら自由に出入りできます。

 一方、事故前に約2万5000人が住んでいた帰還困難区域は、原則立ち入り禁止。3区域とも除染やインフラ復旧のめどが立っておらず、住民の期間時期は見通せていません。

↓↓下をクリックすると「警戒区域解除後の避難指示区域図」がご覧いただけます↓↓
「130507_01f.pdf」をダウンロード(資料作成:福島県


掲載担当:のぐち