読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本共産党福島県ボランティア情報

日本共産党が福島県内で行っているボランティア活動のお知らせや募集などを紹介していきます。

被災者主役の住宅再建へ

復興相ら 住民要望に対応

高橋ちづ子議員
(「しんぶん赤旗」3/14付け1面より)

日本共産党の高橋ちづ子議員は13日の衆院予算委員会で、東日本大震災被災地復興に住宅再建は「最大のカギ」であり、“被災者が主役”で進めることが大切だと求めました。

 高橋氏は、災害公営住宅の建設について、被災者から「今仮設住宅が建っている場所が一番いい」などの要望があると述べ、その実現に向けて国が支援するよう要求。震災前に建て替え計画のあった市営住宅の活用や、公営住宅の間取りなど、その地域ならではの公営住宅づくりの支援を提案しました。

 根本匠復興相は「現在の仮設住宅用地を災害公営住宅の建設に活用することも考えられる」と答弁。太田昭宏国交相は「大事な指摘だ」「何でも画一的ではよくない」として「地方自治体と連携をとる」と前向きな姿勢を示しました。安倍晋三首相は「被災者が主役だというのはその通りだ」と答えました。

 高橋氏は、長いローンをくめるか心配などの声を紹介し、「住まいを自力で再建できる方には、あと一歩の後押しを」と強調。生活再建支援金を300万円から500万円へ拡充するよう求めました。

(掲載担当:県・のぐち)