読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本共産党福島県ボランティア情報

日本共産党が福島県内で行っているボランティア活動のお知らせや募集などを紹介していきます。

6/22~6/23 もう一度、家族と住みたい!

6/22午後~6/23午前の2日間に渡り、郡山市富岡町若宮地内にある富岡町仮設住宅で訪問ボランティアしました。今回のボランティアには、兵庫県から3名のボランティアと地元で初参加の方が10人、センターから14人と延べ人数にして31人になりました。これは、郡山地区・被災者支援センター発足以来の人数でした。

Dsc_01011

上の写真(6/23)前列左から兵庫県の庄本えつこさん、新町みちよさん、井沢たかのりさんです。いずれも兵庫県衆院小選挙区候補者となっています。総選挙が近いのではないかと予想される忙しい中を来てくれたのです。                                          

Dsc_00361 Dsc_00941

今回も兵庫県産米を小分けしたお米を届けながら訪問ボランティアをしました。連絡員の西山さんから「みなさん、喜んでいます。いつも、ありがとうございます」とお礼され、私達も仮設住宅の皆さんの様子などを聞く機会を得て有意義な時間でした。

Dsc_00921 Dsc_01101

掲示板のイベントを見る井沢さん         皆さんからの意見・要望を聞く新町さん

Dsc_00881 Dsc_01161

仮設を訪問する庄本さん。            プランター(ひまわり)を手入れする方                                                                          

「人生を台無しにされた。もう一度、バラバラになった家族と住みたい」という事が皆さんに共通する「声」でした。この「声」に国と東電は責任を持って応えるべきです。