読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本共産党福島県ボランティア情報

日本共産党が福島県内で行っているボランティア活動のお知らせや募集などを紹介していきます。

南相馬市・小高区の視察に同行

17日に避難解除準備区域に指定された通行禁止が解除された、南相馬市小高区に、京都府の議員の皆さんの視察に同行して行くことができました。小高区の様子は3・11直後のままであちこちに破壊された車両が横たわり、屋根に埋もれ跡形もない住居や商店、崩れ落ちた壁の家などそのママです。海辺に近い水田跡は、さながら湖といったところで、道路をふさいでいた瓦礫や車両は脇に片づけられtものの、第一歩が始まったところです。
案内をしていただいたのが、渡辺寛一議員。行く先々で1年ぶりに戻った住民の方と。「原発事故がなければ、助けられた命が…」と当時を振り返っていました。翌日、京都の皆さんは、仮設住宅被災者のみなさんと懇談、京都から運んできた物資のお届けをしていました。
被災者のみなさんから、「お米や野菜は、大変ありがたい」と、言葉が寄せられています。妊婦さんや子どもさんがいるお宅では、水も喜ばれています。
一言一句を聞き逃さずにとメモを取る議員のみなさんの姿にも感動でした。

福島県では、これまでの浜通りのボランティアセンターに加えて、中通りに2カ所センターを増設しこれまで以上に、被災者のみなさんに寄り添った支援活動を進めています。

                    (福島県のボランティア活動に参加 )